2008年08月04日

ケリー・ピックラーの新曲「Don't You Know You're Beautiful」&デヴィッド・アーチュレッタの 新曲「Crush」

日中の燃えたぎる太陽に容赦なく照りつけられたアスファルトが未だ冷めやらぬ宵の口。ここはヒートアイランド。高層ビルという椰子の木に囲まれたヴァーチャルタヒチ。抜けるような青空をすっぽり覆う排出ガスはどこまでも澱み、サンゴ礁の上は不法投棄ゴミで埋め尽くされ、チョウショウバトは一羽残らずカラスの群れによって淘汰され、美しきポリネシア民謡は絶え間ない騒音の中に掻き消される。およそリゾートとはかけ離れた東国の羅苦園。この偽りの楽園の中に、ある日それは起きた。誰もが夢見ていた真の楽園が現れた。七坪の奇跡、それが喫茶デヴィッド・クック。

「クッククック、クッククック」
「なんですか,ダンナ?」
「青いトーリー」
「・・・・ダンナ?・・・・」
「桜田淳子かよ!」



「ひとりで何をやってるんですか!」
「こう暑いと、もう頭の中がピーマンだよ」
「ことごとく古いですねえ」
「いいじゃないの 幸せならば」
「佐良直美ですね」



「九津駆、おまえも古いなあ・・・・昭和一ケタか?」
「私は26歳です」
「はっはっは、わかってるよ。相変わらずおまえの守備範囲の広さには恐れ入るよ」
九津駆は左衛門の右手を見た。小指に巻かれた包帯が取れていた。
「ダンナ、傷は治ったんですか?」
「ああ、先週末に抜糸してな。そのあと今週はずっと工場が夏休みで俺はゆるゆる過ごしてた。おかげで傷口を刺激しないでいれたから、もうほとんど塞がってきたよ」
そう言って左衛門は右手小指を頭の高さまで揚げて、九津駆の前にかざして見せた。バラ線状だった縫い目が綺麗な一本の線へと変わっていた。そしてその線を赤みがかった皮膜が覆っていた。いずれこの皮膜が普通の皮膚に同化しはじめると、縫い傷の痕跡がだんだん薄くなっていくのだろう。
「ダンナ、年のわりに回復が早いですねえ」
「そうだな。自分でも驚いている。まるでガメラだな」



「ガメラ、ですか?」
「ギャオスの超音波光線をまともに喰らって大負傷した時に、ガメラは深海の底でじっとしてるんだ。すると、傷口がみるみる塞がっていくのだ。恐るべき回復力。」
「じゃあ、ダンナは大怪獣なんですか」
「なんか悪者みたいに言うな・・・・ガメラが悪者扱いされたのは、第一作目「大怪獣ガメラ」の時だけだ。「ガメラ対ギャオス」の頃は、ガメラはもう悪玉ギャオスに立ち向かう立派な正義の味方なのだ」
「昭和40年代に子供時代を過ごした人たちしか、その話わからないですよ」
「いまだにCDもMP3も断固拒否でビニール盤とカセットテープしか掛けないレトロ小僧のお前が何を言ってるんだ。去年なんかケリー・ピックラーのアルバム「Small Town Girl」が凄くいいんですーて言いながら、わざわざCDからテープにダビングしてからお店で聴かせてたじゃないか。」



「そういえばケリーちゃん、新曲を出したみたいですよ。Don't You Know You're Beautifulていう曲です。9月30日発売予定の2stアルバムからの1stシングルです」
「お、もうそんな時期か。そういえば、80万枚を売り上げた前作から早一年だもんなあ。で、どんな感じだった?」
「ダンナもいっしょに聴きましょうよ」
といって、九津駆は彼の持っている唯一のコンピューター、Macのカラークラシックのブラウザを開いて、ダイヤルアップ接続でMySpaceのKelie Piclerプロフィールに繋いだ。(←クリック!)
「・・・・九津駆・・・・バッファしっぱなしで曲が全然読み込まれないぞ」
「しかたないですよ。ダイアルアップですから時間が掛かるんです」
「これじゃ、読み込まれた後も再生中に音が途切れまくるぜ。まともに聴けないのが見え見えだぞ」
「わかりました。じゃあ、ついこのあいだamazon.comからダウンロードしたやつを掛けましょう」
「なんだ、最初からそれを言えよ」
「でも、まだMP3のままで、カセットにダビングしてないんですよ。ちょっと待っててくださいね」
九津駆は厨房の奥へ行った。隅の壁際には約30cm四方のチェスト・ラックが収まっていた。その上に古めかしい黒のダイヤル式固定電話が置いてあった。九津駆はそれに手を伸ばす。そして阿智湯烈太に電話を掛けた。烈太は九津駆の弟分で、高校生のくせにちょくちょく店に出入りしている。九津駆の持っているMP3は、全て烈太のVista PCにストックしてあるのだ。九津駆は自分の超旧式の機種や接続環境ではMP3を聴いたりダウンロードしたりができないので、欲しいMP3がある時は烈太に代金を渡して代わりに買ってもらう。そうしてダウンロードしたあと、烈太はそれを全てCD-Rに焼く。そのあと九津駆に届けるのだ。こんな傍から見ると実に面倒くさい用事を、烈太は文句一つ言わずにやってくれる。九津駆と烈太の仲の良さを表すエピソードである。
そんな仲良しの二人の通話が終わった。電話中に切断したkellie Piackler MySpaceへのダイアルアップ接続を、通話終了後に再び再開した。カラークラシックは懲りずに新曲をバッファし続けていたが、ストリームが始まる気配が全くない。その間に九津駆と左衛門の話題はガメラに戻っていた。ガメラの最強相手は誰だ?というテーマに対して、左衛門はギャオスを相手にしなかった大悪獣ギロンであろうという説を主張した。一方の九津駆は異論を唱えた。死んでも死んでも何度でも復活したギャオスこそ最強だという説だ。しかし実のところ、九津駆はギャオスを高く評価するというよりも、ギロンを嫌いなのだった。料理人にとって神聖なる包丁を茶化したようなギロンの頭が、厨房に立つ人間の端くれとして九津駆はどうしても許せないのだった。




こうしてガメラ談義に15分余りも費やした頃、出入り口に人の気配がした。まもなく、赤と緑を基調にしたアールデコ模様のステンドグラスがはまったドアが開かれた。
「Hey guys!」
あどけなさの残る照れ笑いをいつものように携えて、烈太が立っていた。汗ばんだ彼の右手には焼きたてのホヤホヤのCD-Rが握りしめられていた。
「烈太くん、いつもどうもありがとう!」
「No problem Cooky!」
烈太は名前こそ完璧な日本人ではあるが(この点に関してはあえて異論を認めない)、日本・アメリカ・スペインの血が混じったクオーターである。そして、生まれてからずっとアメリカのフロリダ州マイアミで育った。日本に来たのは、ほんの一年前である。だから日本語はまだまだ片言に近い。しょっちゅう英語を混じえての会話になってしまう。
烈太が九津駆の事をCookyと呼んでいるのも、九津駆のあだ名「クック=Cook」がアメリカではよくCookyと呼ばれるらしいからだ。日本になかなか慣れず、何から何までアメリカ流を引きずったままの烈太をいつも九津駆は心配そうに見守るのだ。まさに弟分である。
「クッキークッキーって、カントリーマアムかよ!」
「ダンナ、またその突っ込みですか」
「Hey Simon, what's up?」
「もー、烈太よ、また英語みたいに発音しとるなあ。俺の名前はサイモンじゃなくてサエモンて発音するんだけど・・・・ま、いいか。」
「I'm sorry Simon! ゴメンナサイ!・・・・で合ってるOK?」
「OKもホーケイ!ところで烈太、ホーケイって言葉、知ってるか?」
「ダンナ、変な言葉教えないでください。」
「変な言葉じゃないだろ。もし烈太が未だホーケイだったらどうするんだよ。男として重大な問題だぞ。」
「ダンナ、烈太くんはアメリカ生まれですから、たぶん割礼やってますよ。」
「割礼って、生後すぐ男の何の何を少しちょんぎるアレか?」
「そうですダンナ。ですからある意味、烈太くんは一人前の男です」
「な、なに・・・・烈太は・・・・そうだったのか・・・・俺はこの年でカセイ人なのに・・・・ちょっと鬱だ・・・・」
「Hey Simon, you look unhappy. What's the matter? ドウカシマシタカ・・・・で合ってるOK? 」
「烈太、参った!俺の負けだ!」
「ダンナ、日本人の男性の60〜70%が仮性包茎だっていうじゃないですか。心配ありませんよ。」
「・・・・九津駆・・・・おまえ、日本男児を馬鹿にしてるな・・・・」
「ダンナ、何を言ってるんですか。そんなわけないですよ」
「黙れ九津駆!」
激高した左衛門がカウンターから立ち上がろうとしたその時、おもむろに烈太が危うい日本語の発音で唄いだした。
「ケンカヲヤメテー フタリヲトメテー ワタシーノタメーニー アラソーワナイーデー」
「烈太・・・・素晴らしい歌声だ・・・・俺は癒された・・・・」
「ダンナ、何か忘れてますよ」
「(・・・・あ、そうか・・・・)河合奈保子かよ!」

九津駆の好フォローもあって左衛門が鮮やかに突っ込みを決めた後、店内にアップテンポなカントリーの調べが鳴り響いた。
「おお、これがケリー・ピックラーの新曲かあ・・・・サビのところで変な訛りみたいの付けて発音してるのが可愛いねえ。これって、ケリーのアイディアかなあ?」
「そうかもしれませんね。今回リリースする2ndでは何曲かケリーが曲作りに加わっているそうですよ。1stがシーズン5のTop10ツアーの最中に合間を縫ってレコーディングが行われたので、忙しいの慣れないのでケリーは言われるままの受身状態だったそうです。しかし今回の2ndは制作開始当初から、曲作りはもちろんアレンジや選曲等のアルバム作りに関する重要な作業全てにケリーが係わっているそうです。だからこそアルバムタイトルがズバリ「Kellie Pickler」なんでしょうね」
「そうなのか。これが本当の私よ!て感じなんだろうね。プロデュースは誰なんだい?」
「クリス・リンゼイです。グラミー・ノミネーションの経験もある実力派ソングライターで、ローンスター、マルティナ・マクブライド、ファイス・ヒル、キャリー・アンダーウッド等に曲を提供しているんですけど、プロデューサーとしてもグラミー以外の賞での受賞暦があります。ナッシュビルではかなり知られたソングライター/プロデューサーですよ」
「そうかー・・・・ケリーちゃん、勝負だね!前作に続きいいアルバムが期待できそうだ。行け行けケリー!」
九津駆と左衛門はケリー談義で盛り上がりながらリピート・ポジションでDon't You Know You're Beautifulを何回か再生した後、止めた。そして九津駆が1stでも掛けましょうとカウンター正面のカセットラックに向かったその時に、空間を清々しさで満たすような歌声が再び聴こえた。烈太が何か唄っているのだ。
「ゴーイン マイ ウェーイエーイエイーエイエー」
「ん・・・・聴きなれない曲だな・・・・」
「ダンナ、これはデヴィッド・アーチュレッタの新曲「Crush」ですよ」(下の画像をクリック→表示されたサイトのClick To Listen! をクリックすると聴けます。その他、インタビュー音源&映像とお楽しみ満載のサイトなので、ぜひチェックです!

「えっ、アーチーの新曲が、もう出たのか?」
「はい。アメリカで8月1日(米時間)にラジオ解禁したそうです。ダウンロード販売が始まるのは8月12日の予定です。」
「おお、そうか、買え九津駆。いや、烈太に頼むのか。烈太、九津駆のために買ってくれー」
「No problem Simon. I'll buy the song for Cooky. ガッテンデス・・・・で合ってるOK?」
「烈太・・・・粋な言葉を覚えたじゃないか・・・・よっしゃ、とにかく、「Crush」発売までは烈太の唄で楽しむ事にしよう。烈太、しかしおまえは本当に唄が上手いなー。スター誕生に出たらどうだ?」
「スタータンジョウ・・・・デスカ・・・・What's this?」
突っ込みが空振りに終わり、左衛門は悔しそうな顔をした。そしてなだめるように九津駆が口を開いた。
「ダンナ、こんな若い子がスター誕生なんて知ってるわけありませんよ」
「なに?クッククックの桜田淳子の他にも山口百恵やピンクレディーや石野真子を生んだ昭和の偉大なる歌謡オーディション番組、スター誕生を知らないっていうのか?」
「だからこそ知らないんですよ。せめてASAYANくらいにしておかないと」
「そうか・・・・俺がうかつだった・・・・まだまだ勉強が足りないな」
「ダンナ・・・・何がやりたいんですか?」
「決まってるだろ、九津駆と組んで漫才コンビを結成して一儲けするんだ。一緒にお笑いスター誕生に出ような!」
「だから、もうやってませんって!・・・・それに・・・・私はオーディション番組への出場には全く興味が無いんですよ。昔からね。」
「そうだったな・・・・そういう浮ついたところがないのが、九津駆のいいところなんだよな」
「ダンナ・・・・今日のダンナはちょっと違いますね」
「違う 違う そうじゃ そうじゃない」
「なんですか、それは?」
「鈴木雅之かよ!」
「ダンナ・・・・やっぱりいつもとおんなじですね」

posted by tsサイモン at 00:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 喫茶デヴィッド・クック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

エース・ヤングがデビューアルバム「Ace Young」をリリース!

都会の喧騒を逃れるように、ひっそりと佇む一軒の店がある。20数年前に最新鋭のカフェバーとして賑わったが年と共に寂れ客足が遠のき廃屋同然となったこの店を、アメリカ人店主から引き取って見事に再生させたのが、オクラホマ州タルサからやって来た日系人バーテンダーのデヴィッド九津駆だ。彼は80年代の雰囲気を尊重しながら小洒落たカフェに改造した。古さと新しさが絶妙にブレンドされた内装とテキサス仕込みの絶品のカクテルとアメリカンコーヒー、そして九津駆の温かくフレンドリーな人柄を求めて、今宵も喫茶デヴィッド・クックに人々が集まるのだ。

午後10時。ここはヒートアイランドのナイトシェルター。またの名を喫茶デヴィッド・クック。カウンターにはいつもの風景。白髪混じりのお客が一人。手伊江須左衛門。音楽好きの工員だ。今日の彼はいつもとちょっと違う。右手の小指に包帯が巻かれていた。ギブスのようにカチカチに固定されていた。
「しかしダンナも災難でしたねえ。仕事中に怪我ですか」
「参ったよ。機械部品のエッジに小指を引っ掛けたまま、その部品が勢いよく滑り落ちたと思ったら、小指の第一関節から第二関節にかけて切れ目がスパッと。マズイっと思ったけど後の祭り。血がドバッと。すぐに病院に行って、五針縫った」
「痛そうですね・・・・気をつけてくださいよ」
「寝不足なのもマズかったんだろうね。前の日の深夜に野茂の引退ニュースを聞いて、胸にこみ上げるものがあって眠れなくなってさ、ほとんど眠らずにそのまま出勤したんだ。やっぱりボーっとしてたのかもしれない」
「手先を使う仕事なのに、厄介じゃないですか」
「手先も水も使うし、だけど右手の小指を動かせないし刺激できないし濡らせないし、まったく弱っちまったよ。傷がふさがるまで二週間は掛かるってさ・・・・」
「ダンナ、夏休みはいつからでしたっけ?」
「今度の週末から再来週の週末までの九日間」
「じゃあ、明日の火曜日からの四日間をうまく切り抜ければ、次の九日間を治療に専念できますね」
「そう。問題は今週四日間だあ・・・・でもさ、そのあとのせっかくの夏休みを家に篭って安静ていうのは、悲しいなあ・・・・」
九津駆はナカミチのカセットデッキのストップボタンを押した。そしてカセットテープを入れ替えた。ライオネル・リッチーの「Hello」から、ZZ Topの「Sharp Dressed Man」にチェンジ。
そしてBGMに吊られるように、左衛門の口調が少し明るくなった。
「ところでさ、パリス・ベネットがこの秋の10月にお母ちゃんになるらしいよ。おめでた」
「え、あのプリンセスP がですか?あの娘いくつでしたっけ?」
「今年20歳だって」
「へえ、あの少女も成人したんですか・・・・あれから三年も経ったんですねえ・・・・お相手は誰なんですか?」
「それについてはいっさい伏せてあるんだって。プライベイトを守りたいんだろうねえ」
「いわゆる芸能人とは違うスタンスですねえ」
「デビュー・アルバムを地元のインディーズからリリースしてマイペースを貫くパリスらしいよね」
「パリスはシーズン5の5位でしたよね。あの頃は熱かった・・・・American Idolの日本初上陸でしたしねえ」
「あれ?マスターはその頃オクラホマでバーテンダーやってたんじゃなかったっけ?」
「いや、ダンナがしょっちゅう言ってるじゃないですか。シーズン5は輝いてたって。テイラー最高だって。ハッハッハー」
「なんだ、その怪しい笑い方は。おまえ、何か隠してないか?」
「なーにを言ってるんですか、ダ・ン・ナ!ホッホッホー!」
「ますます怪しいぞ・・・・あんた、いったい何者だー!」
「日系一世デヴィッド九津駆26歳あるよー、はい、これホント!」
「クイズホントにホント?の佐野浅夫かよ!」
「そんなの古すぎて誰もわかりませんよ」
「君が振ったんだろ!」
「ま、いいじゃないですか。パリスはおめでた、エースはアルバム発表でシーズン5出身者が頑張ってます」
「おっ、エースがアルバム?」
「ダンナ、知らないんですか?7月15日にデビュー・アルバム「Ace Young」をリリースしたんですよ」



「へえ・・・・エース、グアムかどっかでSM女王様みたいなMCの番組で若い女の子相手に恋の悩み相談をしながら、ちゃんとやることやってたんだね・・・・」
「ロス、ニューヨーク、フロリダ、ナッシュビル、スウェーデン・ストックホルムのスタジオを渡り歩いて16ヶ月間を費やしてレコーディングしたそうです」
「大作やなあ・・・・スタッフはどんな人たちなの?」
「これが錚々たるメンバーですよ。主な作家陣にデスモンド・チャイルドとダイアン・ウォーレン、そしてアンドレアス・カールソン」
「なに?1970年代〜1990年代にきらめいたウルトラ・ビッグ・ネームじゃないか。Living On A PrayerやI Don't Want to Miss a Thingみたいな超名曲が飛び出すかもしれないぞ!」
「アルバム収録全11曲中、7曲をエースが彼らビッグネームと共作してるそうです」
「そうかー。そういえばエースはクリス・ドートリーと一緒にIt's Not Overを書いて、2007年のグラミー賞ベスト・ロック・ソングへのノミネート経験もあるし、ソングライターとしての実績もなかなかなんだよなあ。そんな彼がビッグネーム達との共作って期待できそうだね」
「デスモンド・チャイルドはエースとアルバム制作費を折半して共同プロデュース&制作総指揮も兼ねているそうですよ」
「デス・チャ、気合入ってるなあ」
「それだけではありません。ダイアン・ウォーレンが提供したYou Redeem Meというアルバム冒頭を飾る曲は、元々レニー・クラヴィッツのために書かれた曲だそうです」
「え、レニクラ用の曲をエースが唄う?そりゃあまた興味深々だぞ!」
「エース曰く、「レニクラがこれを聴いたらきっと気に入って、俺のカバーをやっちゃうかもよ」だそうです」
「なんと、やる気満々だね。今度のエースはちょっと違うぞ!」
「意気込みが凄いですよね」
「よっしゃ、俺はエースの心意気を買おうじゃないか!マスター、早速アマゾンに注文だー!自慢のJBL#4320でガンガン掛けてくれよー!」
「ダンナ、了解しました!」
「しかし輸入盤かあ・・・・待つのが辛いなあ・・・・」
「ダンナ、エースのMySpaceで2,3曲ならフル視聴できますよ
「おお、それだそれだ!早速JBLで朝までナイトフィーバーだ!Yeaaaaaaaah!」
「ダンナ、安静にしてないと怪我が治りませんよ・・・・」
「Woohoo! Thank God It's Friday!」
「ダンナ、今日は月曜日ですよ・・・・(それにそのネタ、古すぎて読んでる人たち解りませんよ・・・・)」


posted by tsサイモン at 02:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 喫茶デヴィッド・クック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。