2007年04月10日

パリス・ベネットのニューアルバムを一足お先にレビュー?

聴いてしまいました。パリス・ベネットのニュー・アルバム。といっても、収録曲のうちの4曲だけ。
パリス・ベネットデビュー・アルバムをリリースする306 ENTERTAINMENTというインディーズ・レーベルが運営しているらしいMySpaceのサイト(←これをクリック! )にパリスのデビューアルバムから4曲あがってました。全曲ストリーミング視聴できますから、皆さんもぜひ聴いてみてください。凄いよ、これ。
サイトを開くと自動的に掛かるプレイリスト1曲目の「Ordinary Love」でまず私はぶっ飛びました。やっぱ、この子凄いねえ。ただうまいってんじゃなくて、洪水のように溢れるエモーションを掴んではぶん投げ掴んではぶん投げみたいな、若いくせに、なんだんだこの深さは。声の艶とビブラートの上げ具合のコンビネーションにもこの子独特の魅力があって、一聴してパリスってわかる声をしている。American Idol season 5を見てた時は、声自体はゴスペル/ソウルシンガーによくある声だなーとか思ってたけど、いや、そんなことは全然なかった。はっきりしたキャラとしっかりしたアイデンティティーを持った声。そして、というかだから勿論、オーソドックスなソウル/ゴスペルナンバーがめちゃくちゃうまい。(プレイリスト3曲目の「I Will 」なんて聴いてごらんなさいよ・・・・凄いから・・・・) さらに、普通の活発な高校生らしく今どきの音楽スタイルには全く自然に入れるし・・・・どっからでも行ける才能。天性の声量と声の艶と感情表現とさらに柔軟性。シンガーとして必要なものはなんでも持ってるよ、この子は。いったいこの先どこまで行っちゃうんだろう!
で、このように若くて将来性抜群のパリスが、クリス・ドートリーのようにメジャー・レーベルじゃなくて、なんでインディー・レーベルから出すんだろう・・・・絶対引く手数多なのに、などと思ってしまいます。しかしよく考えてみると、306 ENTERTAINMENTはミネソタ州ミネアポリスにあって、つまりパリスの地元。で、何よりもパリスのお母さんである Jamecia Bennet が所属しているレーベルである、というのがいちばん大きな理由なんでしょうね、きっと。
もう、もう、私は買っちゃうよ!ていうか、これを聴いたら誰だって買っちゃうよ!「予約だ予約だ予約だー!」(←現役時代のアニマル浜口の口調で) ていうか、シーズン5仲間だったバラード最強リサ・タッカーとオチャメ小僧ケヴィン・コーヴァイスまでゲスト参加してるっていんだから、 AI 好きなら買うしかないでしょ!

いよいよ来月、5月7日発売でっせ!

posted by tsサイモン at 22:18| Comment(1) | TrackBack(0) | パリス・ベネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

パリスが5月7日についにアルバムリリース!

American Idol Goods Shop の「シーズン5出身者」のところにもリンクを貼りましたが、ダイナマイト・ヴォイズの天才少女パリス・ベネットがついにデビューアルバムをリリース!発売予定日は2007年5月7日で、ただ今予約受付中。販売元がAmazon.co.jp なので、通常のCDショップに卸すんじゃなくてネットでの通信販売になるんででしょうか?いずれにせよ、リリースを首を長くして待っていた皆さんも多いと思うので、まずは予約ですか?
posted by tsサイモン at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パリス・ベネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。