2009年05月30日

シーズン8 #34 「Week 16 results 5 > 4」

results show恒例のグループパフォーマンスで始り、「I Don't Mean A Thing」「I Got Rhythme」のスタンダードナンバー2曲が唄われた。そのあとに、今シーズン本選開催中にコンテスタンツの宿舎となっているハリウッドチックな豪邸でのひとコマ。仲間の誕生日を祝おうと、広いダイニングルームでケーキかなんか焼いてるうちに、焼きあがる前のベチャベチャな生地を投げ合うパイ投げ合戦が勃発。油脂系の食材でベッタリ染まった壁キッチン床。あちらのコメディー映画ではよく見る光景だが、外人はこんなこと本当にやってるのか?掃除がめちゃくちゃ大変そうなんだけど。と思ったら、クリーニング業者から請求された清掃代の内訳が60万円て・・・・いくらなんでもボッタクリじゃないのか?
しかしパーティーで和むシーンだとか、ダニーをネタにした物真似に興じるシーンとか、今回のパイ投げとか、今シーズンはコンテスタンツ同士の仲の良さを示すエピソードが多い。ひとつ屋根の下に暮らしているせいなのか?・・・・ということは、そのうちに小雪が病気で死んでしまうのか?

何の話だ!と突っ込みながら梅雨空に向かって雨雲の馬鹿野郎!と叫ぶ今日も熱い貴方ですか?

さて、この時期のresults showではお馴染みのシーンが今年も展開する。四人のコンテスタンツを二人ずつ別々のグループに分けて、その後に優勝候補筆頭と目される1名に「君はどっちに属すると思う?」と選ばせる場面。要するに「君はどっちがボトム2だと思う?」と問いかけているのだ。ダニー&アリソン組とクリス&マット組。さあアダム君、どっちがどっち?いちおうマットがいるから、クリス&マットがボトムズか?
という私の予想をマットは裏切らず、ダニー&アリソン組に並んだ。

そんな正直すぎるアダムに罰が当たった。

過去このシーンでは、シーズン6メリンダもシーズン7アーチュレッタも両グループのどちらにも並ばずに、真ん中に座り込んだ。どっちがボトムズかなんて、そんな意地悪な質問には答えてあげないよ!ってな感じだ。
しかし今シーズンはアダムがダニー&アリソンの隣に並んだ。「勝ち組はこっち」というのがアダムの判断だった。こうして二年越しの罠についに掛かってしまった哀れなアダムを、司会進行の鬼ライアンが手ぐすね引いて待ち構えていた。「アダム、君はこっち」とクリス&マットのところに連れて行ってしまう。そして、予想通りこっちがボトムズ。アダムがボトム3入りを告げられてしまう。
しかし、なにせ5人しかいない。ボトム3といっても、得票数が第3位でもボトム3入りしてしまう。優勝候補のアダムは、きっと得票数3位に違いない。
と思ったら、最初に抜け出したのがクリスだった。確かにクリスも人気あるからなあ・・・・しかしアダムがまさかのボトム2入り!
最後、マットとふたり並んでどっちが脱落か宣告されるシーンでは、さすがのアダムもびびったに違いない。あの超絶バカテクを繰り出しての結果がボトム争いなんだから。
審査員たちが言っていたとおり、今シーズンのTOP5はレベルが高い。というか、今回脱落してしまったマットを除いたTOP4が高いレベルで拮抗している。アダム、アリソン、ダニーは三人とも技術的にすごくしっかりしている。それに裏声の音程の不安定さで一歩劣るクリスは、声質の素晴らしさと感情表現で他よりも抜きん出ている。
誰が落ちるかわからない今シーズン。いよいよ目が離せない。

この結果発表の間にあいだに挟まれたゲストパフォーマンスは三組。一人目はナタリー・コールが登場。「Somethung's Gotta Give」を唄った。
彼女の偉大なる父親であり、黒人の白人社会での地位を高めたとさえ言われる伝説のジャズシンガー、ナット・キング・コールの暖かく気品溢れる歌声は文字通りワンアンドオンリーだった。その父を15歳の時に肺ガンで亡くしてしまったナタリーだったが、1990年代初めに父のカバーソングアルバム大ヒットを期に、父の路線を引き継ぐ形になった。今日もそんな内容のパフォーマンス。
しかし私にとってのナタリーのイメージは、ちょうど「全米TOP40」を聴き始めた頃にナタリーが放ったデビュー曲であり大ヒット曲だった「This Will Be」。
ということで、古いビデオを探してみたら、あったあった。1978年のTV番組から。



この頃から異常に上手いね。ジャズに根ざした発声に支えられた柔らかく気品高い歌声が父の血を引いている。90年代のスタンダード路線転向は、成すべくして成されたんだなあ。

その次に登場したのが、シーズン5の覇者テーラー・ヒックス。最新アルバム「The Distance」から「Seven Miles Breake Down」 を唄った。メジャーど真ん中なポジションから少し離れて、ブロードウェイの舞台に立つ傍ら自分の好きな音楽を追及している感じ。彼くらいの知名度があればじゅうぶん食っていけるだろうし、ある意味ミュージシャンとして理想的な生活を手に入れたのだと思う。ステージも、やりたいことやっていて実に楽しそうだった。
コンテスタンツへのアドバイスとして「まず選曲、それと、どう見せるかだ」と語っていたテイラー。彼のショーマンシップについては今まで再三取り上げてきたので、ここで改めて頁を費やすことはやめるが、彼の衝撃の”変な動き”お披露目シーンだけを貼り付けておこう。(ちょっと画質は悪いが)サビから加わるテイラーの動きに注目。



そして三組目ゲストとして「Blame It! 」を唄ったのが、今回のゲスト・コーチでもあったジェイミー・フォックス。この男はさすが大スター、言う事にそつが無い。というか、さんま大先生もびっくりの超絶お調子者。ライアンに今シーズンTOP5の印象を聞かれた時に、ジェイミーはこう答えたのだ。

「5人すべてが10年にひとりの逸材だ」

5人すべてが10年にひとりの逸材ということは、この5人が50年ぶりにアメリカ音楽界に現れた逸材ということだ。1959年から数えて50年ぶりということは、この5人がエルヴィス・プレスリー以来初めて現れた才能ということなのか?ステーヴィー・ワンダーは?ダイアナ・ロスは?ティナは?ジェイムス・テイラーは?スプリングスティーンは?マドンナは?
あまりに馬鹿馬鹿しいのでいいかげんやめておこう。(笑) ジェイミー・フォックス、壮大すぎるよ。

最後に流れたマットの回想ビデオでの彼のコメントが切なかった。
「ピアノバーでは目を閉じて演奏してた。こうなる自分を想像しながら」
下積みミュージシャンの心情をやたらリアルに語っていて、泣けた。本当によかったなあマット。このチャンスに稼ぎまくれよ!ピアノ弾き語りは最高だった。

今夜の日本版アメリカン・アイドルは、特になし。KAORIチョイスに登場のエリック・サイレも、特に興味が沸かないんでパス。
ということで、KAORIはチョイス、私はちょりす!

読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 10:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アダムは・・・いいように使われていますね
視聴率稼ぎの餌???
決勝まで残ってもらって
結果、優勝者は・・・アリソン?!
Posted by narinari at 2009年05月30日 23:13
Jamieのコメントについてのサイモンさんの感想のくだり、メチャメチャウケました。確かにオーバー過ぎ、、、

えー!?まさかのAdamボトム入り。視聴率引っ張るための番組側の茶番じゃねえか?と穿ちつつ、Matt落選で妥当かなと一安心。

マンションは家族すら入室禁止だそうで、そりゃコンテスタント同士絆が深まりますよね。恋愛など芽生えたりしないのでしょうか?仲睦まじくしてるのは見てて微笑ましいです。

今シーズンからグループパフォーマンスは完全口パク(去年もでしたっけ?)。ちょっと残念です。
Posted by 飴愛 at 2009年05月31日 10:02
Adamは素直なの?それとも制作者側の演出?アーチやメリンダとはタイプが違うので、それにしても、つまらん演出だった。さすがAmerican人!ここらでAdamにちゃんと投票しないと危ないよ〜作戦。ひと昔のテレビ見ている気分にさせてくれたな。それより、テイラーが演奏終了後、コメントしている時のサイモンの顔が一番?よかったな(笑)
Posted by ぷ at 2009年05月31日 11:35
>narinariさん
そうですか?私はそのようには感じませんでした。
出演者いじりはリアリティーショーのお約束みたいなものですからね。

>飴愛さん
パフォーマンスの出来だけではなくて、いろんな観点から視聴者が投票しますから、アダムがボトム2入りしてもそれはそれで私は納得してしまいます。

コンテスタンツ同士の恋愛ですか?既婚者やそれに近い人が多いような。唯一の女性アリソンは年が離れすぎてますし、もしそうなったら大スキャンダルですね!(笑)

今シーズンからグループパフォーマンスは完全口パクって本当ですか?・・・・やはり視聴率低下&世界同時不況で制作費が削られてリハーサル時間が取れなくなってしまったのでしょうか。私も残念です。

>ぷさん
FOXが得票数をウソ発表するとは、私は思いません。番組の根幹を揺るがす行為なので、それはやらないでしょう。
Posted by tsサイモン at 2009年06月13日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。