2009年04月01日

シーズン8 #17 「Week 8 3 advance」

おととい月曜日はは眠くて10時過ぎにバタンキュー、昨夜火曜日は夕飯食べ過ぎて眠くて9時過ぎにバタンキュー。二日続けて早寝しすぎたせいか、その真夜中に目覚めてしまった。そのまま目が冴え渡り、眠れぬ夜の更新Yeaaaaah! このまま仕事に行くことになっちゃったら死にそうなんだけど、いいのかよ!

番組放送の日曜夜は、日本語ソロCDプロジェクトのための書き下ろし曲用に、リズムセクションのプログラミングをしながらの視聴となった。同じ頃に森田健作さんが千葉県の市長となった。(←突っ込みたいでしょう?こちらを参照)と韻を踏んでる場面ではないことを自覚しながら、まずは前回放送の時に名前をチェックし忘れた「No One」を唄ったコンテスタンツがフェリシアだった事を番組開始早々にメモする私だった。
今週最初にTOP12進出を告げられたのはリル・ラウンズ。おめでとうパフォーマンスとして「Be Without You」をもう一度唄ったが、音を伸ばす部分での音程のふらつきが気になった。この欠点はハリウッド予選の時から矯正されず。少なくとも現時点では審査員たちが揃って大絶賛するほどの歌唱力ではない。過去にマンディーサ、メリンダ等の超絶歌唱力を持つコンテスタンツのパフォーマンスを何度となく目にしているはずの審査員たちが、リルに諸手を挙げて賞賛の嵐っていうのが訳がわからない。何かあるのか?と勘ぐってしまいたくなる。
次のTOP12進出者が伝えられる場面はケンドールスコットがふたり呼ばれた時。恒例のどっちかが落ちる状態でライアンの言葉をしばし待たされたあと、やっぱり名前が告げられたのはスコットだった。その瞬間に「よかったね」とスコットに祝福のハグをするケンドール。自分が落とされた事を全く気にも留めていない様子で、この子の性格のよさが感じとれた。
そして今週三人目のTOP12進出者が告げられる場面がジュノーorホルヘでやって来た。私はここは当然ホルヘだろうと思って見ていたので、ライアンの「結果発表はCMのあと・・・・ではなくて今です」の小技にも意表をつかれる事もなかった。そしてライアンがあとに続けた言葉「視聴者が選んだのは・・・・ホルヘ!」を余裕綽々で待つことが出来た。どうだライアンまいったか。
こうして三名が、今週のパフォーマンス内容がそのまま反映された形でしごく順当に選出された。。そしてこの後に今日はもうひとつお楽しみがあった。ワイルドカード(敗者復活戦)出場者が発表されたのだ。選ばれたコンテスタンツは

ヴォン・スミス・・・・マーヴィン・ゲイの曲でかなり印象的なパフォーマンスをしていたので、選ばれて当然。
ジャスミン・マーレイ・・・・TOP36でのパフォーマンスはかなりグダグダだったが、ハリウッド予選の内容とルックスを含めたスター性を買われたのだろう。
リッキー・ブラディー・・・・TOP36第一週目パフォーマンスで私は通過者候補として挙げた。彼も選ばれて当然。
ミーガン・・・・俺のミーガンが帰って来る。今度こそ地区予選で見せた超絶インパクトのパフォーマンスを頼むぜ。マイクをうまく使えよ。選ばれて当然。
マット・ジロード・・・・ハリウッド予選でのピアノ弾き語りパフォーマンス好内容とTOP36でのピアノ弾き語らないパフォーマンス低内容の落差が激しすぎたためのワンモアチャンスか。地区予選の時に審査員から貰ったコメントが「私たちは君のようなシンガーを探していたんだ」だっけ?期待も大きいのだろう。
ジェシー・ラングセス・・・・胸のあたりが好内容。
アヌープ・・・・彼もマットと同様に、地区予選の時から期待を掛けられていたゆえのワンモアチャンスだろうね。彼に対して熱狂的とも思える賛辞を送っていたポーラの強い押しもあったのだろうか。
タチアナ・デル・トロ・・・・そしてまた妖怪が蘇った。
しかしタチアナ、地区予選〜ハリウッド予選ではキモイ笑い声と過剰に大げさなパフォーマンスで私たちを翻弄し、ハリウッド予選のTOP36通過者発表の時は異常にけたたましい歓声をわめき散らしていた。そしてTOP36結果発表では、今度はやたらに泣きじゃくっていた。あの時は、よっぽど悔しかったのかなあと思って見ていただけだった。しかし今回も同様にそして執拗にやられると、演技くさく見えてしかたなかった。今度は泣き落としか?などと訝ってしまう私は心が捻じ曲がってるのだろうか。でも、キモイ笑い声もけたたましい歓声も大げさすぎてわざとらしいんだよなあ。計算高そうに見えるんだよなあ。ランディか誰かが「真剣に追求する姿勢を評価して」みたいな事を言ってたけど、見事に泣き落とに引っかかった格好に思えてまう。あるいは、妖怪効果による視聴率狙いか。
ニック・ミッチェル/ノーマンも、タチアナくらい徹底して破天荒振りをアピールすれば再挑戦のチャンスが与えられたのかもしれなかったんだろうけど、根が真面目な奴なんだろうね。タチアナよりも、むしろニックこそが真剣な姿勢を評価されるべき。でも、唄自体はタチアナの方がうまいから、やっぱり無理か。

ということで、残念ながら私が個人的な思い入れから高い期待を掛けていたクリステン・マクナマラはここで完全に脱落・・・・パフォーマンスの内容がというよりも、何か消極的な雰囲気が見え隠れしていたよね。何が何でも伸し上がってやるんだ!という気迫が感じられなかった。十代から期待されながら、スター候補生としてそれなりの経緯を辿って、しかしその後挫折して、心が折れかかっていたのだろうか?しかしそういう時ほど溢れるハングリーハートで貪欲にチャンスに喰らいつかなければいけなかったのに・・・・
それでも、ジェシーを拾うくらいならこのクリステンやジャッキー・トーンにチャンスを与えるべきだったと思う。

さて、このワイルドカード決戦の放送を、私はてっきり次週やるもんだと思っていた。しかしこのレビューを書いている時にFOX JAPANの番組表をチェックしたら、なんと3 advance発表の後に続けて放送されていた。そう、私は見逃してしまった!
という事で、ワイルドカードの模様を今週金曜日夜7時からの再放送でチェックします・・・・曲作り作業をしばし止めて放送を見ていたから、3 advanceが終わってすぐに曲作りに戻った私はそっちの方へ神経行ってたんだなあきっと・・・・というか天然ボケがデフォな私でもあるけれど。

私はボケをかまし、FOXもアホをかました。ホルヘの唄を盛り上がる直前にカットするなドアホ!

そんなボケやアホをよそに、今週は日本版アメリカン・アイドルがグッジョブをやってくれた。今回TOP12進出者の三人への電話インタビューを流したのだけれど、スコットのコメントに泣けた。

FOXスタッフ:「歌を唄う時に、目が見えない事で不利を感じることはありますか」
スコット:「全く無いよ。僕が向き合う毎日の挑戦となんら変わりないよ」

世界的な大不況で、私の仕事場(ワープア先)でも毎日毎日が熾烈な生き残りサバイバル戦と化している。年度末となった昨日3月31日付では相当数の派遣・業務請負・正社員が首を切られた。本当に明日をも知れない現実。
一方で、健常者の私にとって難なくこなせる日常生活のなにげない行為でも、同じ事を目がほとんど見えないスコットがやろうとすると、そのひとつひとつが「挑戦」なんだよね。
大不況になって毎日毎日が私にとって挑戦の連続になってしまった。でも経済の好況不況に関係なく、スコットは毎日毎日挑戦し続けてきたんだよね。そんな彼の言葉が、私の胸に強く重く響いた。
ということで、これから30分くらい横になってから、今日もサバイバルゲームに出かけるぜ!毎日が挑戦!

読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 06:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメアイ大好きです!
スコット、メーガン、アリソン、クリスあたりを応援してます(^-^)
今回はスコットにやられました(笑)
上手さ云々より、歌への愛がいっぱいに伝わってきて歌を聞いて泣きかけたのは初めてでした!
メーガン!可愛すぎます(ω☆)アリソンはパワフルです!
クリスは人間性が好きです!あと唯一の爽やかイケメンだからです(笑)
あとオマケで可愛いホルヘ君も追加(笑)
ジェシーが土壇場でワイルドカード候補に選ばれたのはクリステンの変わりのような気もしなくない……
タティアナは…(笑)
彼女はしょうがない!
とにかく長くなりましたが
グループ3は面白かったです☆
Posted by えり at 2009年04月01日 23:55
初めましてこんにちわ。
私もアメリカンアイドル大好きです。去年は応援してたデビットクックが優勝..ますます好きになりました。
それにしても今回は強烈なのが一人いますね。
私はダニーびいきなのですが、アダムの声を初めて聞いた時は度肝を抜かれました。
きっと今回は、選曲さえミスらなければ彼が持っていくんだな〜と常々思います。

今回はヴァンが残念でした。良い声してるのに、この番組では一度のミスも許されないのですよね。
それとホルヘのトコは私も気になりましたよ。あそこからよくなってくるのに、そこで切るか〜〜と(笑)
でも本当今回は目が離せないですね。
Posted by ジークママ at 2009年04月02日 11:46
>えりさん
はじめまして!
存在だけで元気づけられるスコットには是非とも頑張ってほしいし、俺のメーガン(笑)にもまだまだ未練を捨てきれない私です。
アリソンは現時点では優勝争いまで期待できそうな印象がありますね。なにはともあれTOP13ウィーク突入の今週からのパフォーマンスに注目です。
クリスってイケメンなんですか。男の私にはよくわかりませんでした(笑)。ホルヘはナイーヴな感じが女性にとっては確かに可愛いのかなあと思います。
クリステンは残念でした・・・・

>ジークママさん
はじめまして!
去年のクック優勝は感動的でしたね。今年も筋書きのないドラマで私たちをあっと言わせてほしいです。
アダムは、今シーズンのコンテスタンツの中で唯一地方予選でのインパクトを裏切らずに順調にここまで来ている感がありますね。今日から始まるTOP13でのパフォーマンスへの期待がますます膨らみます。
ヴァンは、唄自体は良かったですよね。歌唱力のあるシンガーだと思います。
ホルヘの件は、やっぱり皆さん同感なんですねー(笑)

それでは皆さん、また遊びに来てくださいね!
Posted by tsサイモン at 2009年04月04日 18:51
見たい番組が多くて見逃すことが多く、
最初に結果を知ってしまってから
戻る感じで見ています。
私もスコットの歌に泣いてしまいました。
何でしょうね。
目が悪いなんて知らないで聴いてたんですよ。アダムってプレスリーの目そっくりですよ。後は名前はこれから覚えます。
やっと見る気になりました。(笑)
Posted by julia at 2009年04月07日 20:30
>juliaさん

カーラか誰かが言っていた「スコットのステージは山をも動かす」ていうのは、そういう事なんでしょうね。なんだかわからないけど泣かせてしまうっていうのが、凄い。理屈ぬきってことですからね。
juliaさんもついに今シーズンのお気に入りのコンテスタンツを見つけられそうですね!
なんだかんだで、今シーズンは結構個性派が集まったような気がするので、この先どんどん盛り上がっていくかもしれませんよ!
Posted by tsサイモン at 2009年04月10日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。