2009年02月28日

シーズン8 #8 「Week4 Hollywood part1」

総勢147人が駒を進めたハリウッドはコダックシアターでの生き残りラウンド。今年は特別インストラクターとして70sアメリカン白人ポップスの神(と個人的に思う)バリー・マニロウが登場。彼の言葉「スターになるのに大切なのは入念な準備とチャンスだ」は如何にもバリーらしい。「マンディ」が大ヒットして一躍アメリカ・ショービズ界の顔となるまでに、コーラ工場で働きながら作曲やアレンジを仕事もこなしつつひたすらチャンスを狙い、それが実ったのが20代後半。下積みが長かったがめげずに努力し続けて今日の地位を築き上げた彼ならではのアドバイスだ。

その”入念な準備”が結晶したバリーの記念すべき最初の大ヒット曲「Mandy」(邦題「哀しみのマンディ」)をLIVEバージョンで聴いてみよう。


リル・ラウンズ・・・・I Alwyas Love Youを唄ったが、力みすぎ。音程も乱れ気味。審査員たちのの高評価が私には理解できない。だからリルが突出してるなんて、私は全く思わない。
デニス・・・・ちゃんと声が出ていないカラオケ発声。ウォーミングアップ不足か現在の力量なのか。しかし落とされて頭に来てるとはいえ、ここまで言うか・・・・
ナサニエル・・・・地味すぎる曲を選んだため歌唱力を充分にアピールできなかったが、基本的な実力は伝わったと思う。それよりも、言い訳めいたコメントで泣かせようとするのが気に入らない。それだけ必死なのかもしれないけど、潔くないのはかっこよくない。こう思ってしまう私は、ようするに日本人的感性なのかなあ?
アヌープ・・・・結構器用なのかもしれない。シンガーとしての基本能力が高そう。しかしそこが、ある意味期待はずれだったりもする。インド系らしい新しい何かを見せて聴かせてもらいたいから。
ジャスミン・・・・16歳離れした安定感ある歌声。間違いなく本選を賑わせそうな一人。
ローズ・・・・酷評した地区予選とは見違えるようなパフォーマンス。追い込まれて本領を発揮したのだろうか?とにかくリハーサルでコーチに手厳しい指摘を受けても凹まずに課題を克服できたというのは、彼女の精神的な強さを示すものだろう。今回は声をきちんとコントロールしていた。
そして、マイクに乗る声なのかもしれない。声量に難ありも説得力のある歌声は、シーズン7ブルック・ホワイトに通じると思う。非力な面を他の長所でうまくカバーすることができれば、タフな精神力でこの先も勝ち抜いていっても全く不思議ではない。
スティーヴン・・・・こいつは凄いかも。70sソウルをギンギンに再現してくれる。絶対本選に通過して番組を盛り上げてくれ!
ホセ・・・・地区予選の時ほどのインパクトを今日は感じなかった。
ヴォン・・・・これまた凄いぞ。見事な声量。正統派だけど古臭くないし、すばらしい素材。サイモンは何言ってんだ。今シーズンの逸材の一人だろ。
ニック・ノーマン・・・・やっぱりこのコメディアン、唄が本格的にうまい。響き豊かな歌声は紛れもない本物。強いカラーを持った艶のある中低音が特徴的などことなく上品さを感じさせる。ミュージカルっぽさも感じる発声。ブロードウェイで慣らしてたのだろうか。そして、どうしてもおふざけに走らずにいられない芸人魂にも私は拍手を送りたい。もしかしたらこの男、音楽シーンに新しいエンターティナーの形を提示できる可能性を秘めている。ぜひともハリウッド予選を突破してほしい。今シーズンを盛りあげる超個性派になれるはず。
ジャッキー・トーン・・・・ブルージーなロックテイストは魅力。でもいまいちガツンと来ない。集中力が持続しないというか、いまいち雑というか。ポイントポイントで声がコントロールされてないように感じた。
ジャマール・・・・爽やかなルックスに似合わぬパワフルな本格派ソウル。彼といいスティーブンといいジャスミンといい、今シーズンのブラックパワーは相当期待できそう。
ダニー・ゴーキー・・・・完璧な技術と表現力+レコーディング向きの声っぽい、という点でブルーアイドソウル版クリス・ドートリー。現時点で早くも優勝候補のひとりと呼んでもいいだろう。
カトリーナ・ダレル・・・・カーラのコメントに全く同意。その一方でサイモンの妙にポジティブなコメントには私は首を傾げまくる。しかしサイモン同様に高評価したランディのコメントを聞くと、地区予選の時からの大幅な変わり身が評価されたと思われる。というか、それしか評価しようがないだろ。ミス何とかというわりには大して綺麗じゃないし、性格も間違いなく悪そうだ。とにかくサイモンの超甘口採点が理解不可能。
パトリシア・・・・俺と付き合う前に消えないでくれ!
ジャーミー・・・・レコードで聴き覚えのあるような声。誰かは思い出せないが彼の歌声を聴いて彷彿とさせる歌手がいる。完成されたトーンで情感を込めて抑揚豊かに唄う相当プロフェッショナルなシンガーだと思う。期待したい。
ヘスス・・・・上手いけど平凡かも。ジャーミーの後に流れたから余計に落差を感じた。
デヴィッド・・・・うまい。今シーズンは上手い奴が多い。
エリカ・・・・だめ。聴いたとおり。ぜんぜん足りない。今日流れた中のダントツワースト。
エミリー・・・・パンクな彼女が選んだのはジャジーなバラード。審査員によると選曲ミスらしいが、私は高評価。こういう曲をユニークな解釈で唄えたところにシンガーとしての可能性を感じた。通過は当然。

ところで、先週いちばん驚いたfrom ソルトレイクシティのミーガンはどうしたんだろう?流れてないよね?ジャッキー・トーンなんか流さなくていいから、ミーガン流せよ・・・・

そして進行役のDJ Kaori、今回は淡いピンクのおとなしめなファッションで登場。先週のDJアマゾネスから変身して今週は金髪たまねぎ頭のDJトットちゃん。で、実際ゲストを迎えてプチ徹子の部屋状態。で、その対談相手はleccaという日本人シンガー。なんでレゲエ??と思ったら、やっぱりプロモーションか。どういうコネで呼ばれたのか知らないが、AIの視聴者という以外は番組内容と繋がらない気がする。何よりも、AIを見ている人たちがジャパニーズレゲエなんか聴くんだろうか?と疑問を持ってしまうが、どうよ?

読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

シーズン8 #7 「Week3 Audition New York & San Juan」

スカパーの番組説明ではRoad To HollyWoodとだけ書いてあったから、てっきりハリウッド予選を今日放送するのかと勘違いしてしまいました。今夜はニューヨーク&ブエルトリコ領サンファンの二箇所でのオーディションを一時間にまとめた凝縮版。

アデオラ・・・・この人は自分の唄を他人に聞かせたことがあるのだろうか?もし一度でも聞かせたことがあったら、こんな勘違いはしないだろうと思うが・・・・仕事に復帰できそうで何より。100%No。
ホセ・・・・ブエルトリコで逸材発掘。涙腺を刺激する歌心が素晴らしい。英語の発音という課題があるが、この20歳の若者は楽しみだ。120%Yes。
金切り声(?)・・・・声のボリュームがでかいので、これを聴いて上手いと感じる人もいそうだ。なんというか、面白かった。70%No。
メリンダ・・・・「世界は転換期」とか「裸で踊る」とか抜かすからイロモノかと思ったら、相当な本格派。型破りなお元気キャラも期待を高める。98%Yes。
ジャッキー・トーン・・・・ハスキーヴォイスは魅力だが、年のわりに円熟味に欠けるような気もする。個性を生かして仮に本選出場を果たしたとして、本選中にぐんぐん力をつけていく若手と張り合えるのか不安を感じる。84%Yes。

イロモノ四連発のあとは

人間iPod・・・・この人、真面目に唄に取り組めば結構うまくなりそう。しかしウケ狙いのオチャラケ癖がある限りは無理だろうな。シンガーにはなれないだろうがきっとこいつは才能あると思う。?%No。
君の言葉が僕のあそこに命中したよ・・・・この男、唄は下手ではないはず。だが、どうしても真面目に唄えないらしい。真面目に唄うことに耐えられないのだろうか?真にクレイジーな奴。しかし面白い。シンガーではなく、エンターティナーとしていけるんじゃないだろうか。?%Yes。
クリストファーの姉・・・・声のトーンに見所はあるけど現時点では平凡すぎる姉よりも、遥かに印象に残った弟クリストファー。この子供、面白いなあ。49%Yes。
南無妙法蓮華経・・・・想像するに、この人は年に一度TVに映って目立ちたいんじゃないのだろうか。きっと来年も出てくると思う。100%No。

合格者数連発の中で、ランディに「今日一番の歌声だ」て言われた女性の唄を流さなかったのは、勿体つけてんのだろうか?

パトリシア・・・・声を出すのは上手。しかし節回しをつけるのが苦手そう。前途多難そうだが、唄う時に見せる笑顔が非常に印象に残る。俺とつきあってくれ!50%Yes。

ソルトレイクシティーでのオーディションに続いて、サンファンでも逸材発掘。楽しみなシーズンとなってきました。
一方ニューヨークで特筆すべきは、イロモノ系のレベルの高さ。クダラナイで終わらず、ちゃんとエンターティナーしていて、しかも唄える。これが大道芸人の街ニューヨークの底力!なんて思ってしまった。

話変わって、昨日車を運転していた時、ラジオでユーミンの「卒業写真」が流れた。誰もが認める名曲だし、私自身荒井由美時代のユーミンが大好きで、今でもときどき無性に聴きたくなる。しかし昨日この曲が流れた時に気になったのが、荒井由美の音程の不安定さ。特にサビの部分ではピッチが揺れまくっている。
もしも荒井由美が1980年代末にアメリカで生まれて今頃American Idolの地区予選に出場したとしたら、ランディかサイモンにPitch problemと言われてハリウッドへは行かせてもらえないだろう。
確かにユーミンはシンガーソングライターで作詞・作曲家としてモンスターな才能を発揮した人だけど、一シンガーとしても確固たる独自の世界を築いた人だ。名曲「卒業写真」にしても、ユーミンよりも上手に唄える歌手は星の数ほどいるだろうが、ユーミンほど感動的に唄える歌手はどこにもいない。昨日も聴いてる途中で、やっぱり瞼に熱いものが込み上げた。ユーミンだけにしか出せない説得力がある。
うまく唄うことと、人を感動させることは別物。しかし、American Idolはシンガーのオーディション番組だから、上手に唄わなくてはならないし、しかも人の心を揺さぶらなくてはならない。本当に厳しいステージだと思う。

ところで、進行役DJアマゾネスのファッションですが、今週は巨乳封印か?全国のオヤジどもが黙っちゃいないぜ!


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーズン8 #5 「Week3 Audition Jacksonville」& #6 「Week3 Audition Salt Lake City」

昨日は競馬でやたらめったら負けて瀕死状態。そして今日はさらに負けまくって脳死状態。あまりに負けすぎて毎週ペースの競馬がしばらくできなくなってしまった。半年以上は間を空けないともう無理だ。今後しばらくのあいだはG1だけ買おう。つい先週までは回収率100%越えを維持していたのに、あっというまに78%まで下降。ほとんど控除率75%と変わらなくなってしまった。これではJRAの思う壺。
あーあ、プロの音楽家だけではなく、プロのギャンブラーにもなれないなあ私は。
そんなシュラバルンバな状態だったので、昨日見た放送の番組レビューを今頃アップとなってしまいました。しかし来週から競馬をお休みするので、もう少しこのブログにエネルギーを注げるかもしれません。

今週土曜放送分は二箇所での地区予選のも票を一時間ずつ二回に分けてのオンエアでしたが、ひとつの番組レビューにまとめてしまいます。まずはジャクソンビルから。

Tシャツに手を入れてお腹を掻く男・・・・キワモノかと思ったらそうじゃなかった。サイモンに同意。飛び道具一杯持ってそうだけど、シーズン7ブレイク・ルイス程のヴォイスエフェクトのテクニックはなさそうだし得意な部分とダメダメな部分がはっきりしている。70%Yes。
犬女・・・・超平凡。可もなく不可もなく。50%Yes。
カニスワ・・・・超絶音痴。100%No。
ラテン系ミスフロリダ・・・・ミスフロリダというよりもミススフィンクス。カーラに同意。勇ましすぎる表情やジェスチャーが気になる。ポーラを説得しなくても合格レベルだが、この先を勝ち抜くのは厳しそう。55%Yes。
咳き込む男・・・・超絶音痴2号登場。そして1号2号ともに黒人なのが何気にシュールで笑える。100%No。
谷ナオミ・・・・審査員席では怪しげなパーティーがwwwwそして乱痴気騒ぎなしにはとても聴いていられないほど酷い唄。100%No。
ジャスミン・・・・うまいね。鍛えるとどんどん深みを増しそうな声。先が期待できそう。100%Yes。
見た目アラサー・・・・「妥当な声量」ってwww カーラに同意。何をしに来たんだ?100No。
アンマリー・・・・声を張った時のトーンにハッとする。意外に奥がありそう。94%Yes。
二年連続挑戦・・・・輪郭のしっかりした声。一年間の努力が実を結んだ。嬉しいだろうねえ。92%Yes。
泣き虫マイケル・・・・家族による全面バックアップは却って逆効果だろう。唄もめちゃくちゃ中途半端だけど、それ以上にヘタレすぎる。これじゃあ無理。まずはニートなんかダメ!働け!話はそれからだ!89%No。


そして次はシーズン7デヴィッド・アーチュレッタの故郷ソルトレイクシティー。

デヴィッド・オズモンド・・・・完璧プロ級。オズモンド・ファミリーに生まれて幼い頃からミュージシャンな環境で育って培われた確かな音楽性。血筋もあるだろう。奥さんが美人すぎるのが少しイヤミかw。100%Yes。
死神女・・・・声も死神。聴く者を地獄に突き落とす。100%No。

変な人三連発のあとは

グレッグ・ザ・ラビット・・・・声は悪くないだろ。ウケ狙い丸出しのキャラが嫌われたのか。35%No。
一児の母ジョーダン・・・・個性際立つ声。テクニックもしっかりしてそう。100%Yes。
バツイチマザー・ミーガン・・・・さらなる個性派。裏声を絡ませながら爆発的にはじける不思議な発声法。オリジナリティー抜群。今シーズンの台風の目になりうる期待の逸材。120%Yes。
めげない男・・・・合唱団をかじったようなそんなような・・・・100%No。
学級長オースティン・・・・特性のはっきりした歌手向きの声なので、この先磨けばどんどん伸びそう。この番組でこれから云々は置いといて、この年でこれだけ唄えれば将来はかなり明るい。100%Yes。


180センチ16歳サモアンビューティー・・・・少しシーズン6リサ・タッカーを彷彿とさせる楚々とした美声。100%Yes。
養女ローズ・・・・声のボリュームが出来上がってない。若さを考慮しても、他のコンテスタンツと比べて実力差がありすぎ。ハリウッドでの生き残りは無理だと思う。見た目やキャラクターはとても印象に残るので、タレントや女優の方が向いてると思う。75%Yes。

さて、このエントリーをアップしてから二時間も経たないうちに今日の放送ハリウッド予選が始まるみたいですね。私はそれまでに晩飯を食いますか。


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

シーズン8 #4 「Week2 Audition Louisville」

二月に入って毎週負けなしだった競馬が今週は昨日今日で大負け・・・・二月分の儲けがぜんぶ吹っ飛んでしまった・・・・やっぱりね・・・好調のあとには不調が来るのに・・・・仕事で疲れ気味で予想にイマイチ気合が入らなかったのを感じてたのに・・・・今日はやめておくべきだった・・・・そんな消耗状態の中で見る今夜のAIは、なんとアメリカ競馬の聖地チャーチルダウンズ競馬場でオーディション開催かよ!

ティファニー・・・・こりゃあひどい。化粧もひどい。ご両親の親馬鹿ぶりにビビった。というか、そんなに娘に期待するなら、せめて発声のトレーニング受けさせてやれよ。100%No。
ジョアナ・パシッティ・・・・声を強く張った時のボイスコントロールの安定感が他の参加者たちとはひと味もふた味も違う。ここらへんがデビュー経験者の確かな実力か。100%Yes。
ビーケアフル・・・・唄いだした初めの方では南部っぽい唄い方で少しいいかなと思ったけど、すぐになんちゃってな実力を露呈。で、審査員の失笑にぶち切れて「帰り道に気をつけろよ!」的な脅し文句を吐いてしまい、険悪な空気の中退場。審査員にマジで喧嘩を売るのは最悪。100%No。
青いシャツの若者・・・・こいつはいい。サザンロック伝統の味わいの中に若者らしい清清しさを持った逸材。本選進出は間違いないと思う。100%Yes。
ピアノプレイヤー・・・・こいつもいい。すごくヒットしそうな声。エリオットに似てるとは思わない。もっとアメリカのメジャー系ポップにうってつけの声。本選進出は当確だろう。100%Yes。
漢字の分類・・・・しかも「みんな一緒に」だと!!!コメディアンが声楽の物真似ネタやってるみたい。100%No。
アレクシス・・・・見かけによらずナチュラルなパワフルボイス。特性のはっきりした声。ランディの言うとおり、可能性を感じさせる。大化けするかもしれない。本選進出の期待を込めて100%Yes。
アーロンWOW・・・・なんで怒鳴りながら唄うんだ??ふつうに唄えばそんな悪くなさそうなのに。52%No。
アメリカの吹石一恵(超劣化版)・・・・本人は真面目に唄っていたのにカーラから受け狙いの冗談だと本気で思われたため泣き出してしまう。そりゃあショックでしょう。でも、確かに歌唱力ゼロ。この子は現実を知るのが遅すぎた。て、よくある光景ですが。100%No。

このあとのラッシュ四連発はそんな悪くないじゃんと思っていたら、そうか合格者たちでしたか。

レニーシャ・ヤング・・・・少しシーズン5パリス・ベネットを思わせる声質。18歳の若さも魅力。100%Yes。

今日は参加者のレベルが高かった。掘り出し物がどっさり。今年のAIはルイビル旋風が吹き荒れるかも。

そして進行役アマゾネスおねえちゃんは昨日と同じ巨乳強調ルック。全国のオヤジども、この喜びを分かち合おうぜ!


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

シーズン8 #3 「Week2 Audition San Francisco」

今日はバレンタインデーですね。皆様はハッピーにお過ごしでしょうか。私は去年のクリスマス前に手痛い失恋をしたのが尾を引き、アウト・オブ・バレンタインです。まあ、今は競馬が面白すぎるので、別にいいのですが。

タチアナ・・・・笑い声がキモイし蛾みたいな女だからキワモノかと思ったら、結構唄えた。審査員に不評だったのはパンチ不足と古臭いタイプの唄い方だからだろう。53%Yes。

ところで先週も感じたが、エリオットの威勢のいいコメントは思いきり無理がある。しかしその不器用さが彼らしくていい感じ。

変なスーツの男・・・・唄だけ聴くとそんなに悪くないんだけど、唄ってる時の表情が面白すぎるのと、変な癖をつけてすぎて唄うんで落とされたんだろうね。50%No。
子供をダシに使う男・・・・ソフトな声は魅力だけど、変なスーツとの差はそれほどなかったような。イメージが大きく結果を左右したのかもね。51%Yes。
ルービックキューブの男&赤ん坊をポーラに・・・・何しに来たんだコイツらはw 200%No。
直腸アキーラ・・・・上手いようで下手なのってこういうのを言うんだろうなあ。しかも早口でペラペラ言い訳だの何だの喋りすぎ。いろんな意味でシンガーに向いてない。80%No。
合格三連発・・・・最初の男が抜けてたと思う。100%Yes→53%Yes→53%Yes。
首輪サマータイム女・・・・うけた。100%No。
アダム・・・・いいねえ。高域に特徴のある印象に残る声。歌唱力もしっかりしているし、これは期待できそう。100%Yes。
カイ・カラマ・・・・声を強く張った時のコントロールに難を感じたが、力を抜いて唄う時はナット・キング・コールっぽいベルベットボイスな心地よさがある。何よりもお母さんのために頑張ってほしい。80%Yes。

今回はアダムが掘り出し物だったと思う。現時点での本選有力候補筆頭に挙げておこう。

さて今日は、進行役アマゾネスおねえちゃんの巨乳も光った。この路線でガンガン攻めていって貰いたい。


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

シーズン8 #2 「Week1 Audition Kansas City」

今日、日中の競馬に疲れたあとに、無性にジョン・デンバーを聴きたくなった。そしてCDラックの中を探したが、なぜか見つからない。しばらく探してもダメで、仕方ないのでジェイムス・テイラーを掛けた。JTはJTで大好きなんだけど、今聴きたいジョン・デンバーの叙情系どカントリーとはやっぱり全然ちがう。結局アルバムの二曲目で止めて、じゃあ今度はイーグルスを掛けるかと思ってCDを入れ替えようとした時に、CDプレイヤーの上に何か乗っかっているのを見つけた。オーディオラックの天板とCDプレイヤーとの隙間に手を入れて取り出してみると、それがジョン・デンバーのグレイティストヒッツだった。こうしてやっとジョン・デンバーを掛けた。故郷に帰るみたいなそんな気持ちになれた。日常のせわしさを逃れてゆっくりゆったりと。アナログな声と音の織り成す世界が最高。
で、何曲か掛けた後に今日のAIがスタート。今回はクックの故郷カンザスシティーでの人材発掘。

チェルシー・・・・一度自分の歌声を録音して聴いてみたことないのかなあ。200%No。
日焼けした劣化版ユマ・サーマン20歳・・・・結構唄える。練習を重ねるともっともっと良くなるだろう。83%Yes。
ケイシー・・・・カントリーっぽい発声。しかし喉先だけで唄ってるような感じ。声量ゼロ。現時点ではカラオケレベル。審査員たちの評価が高かったのが意外だった。53%Yes。
ジョシュ・グローバン??・・・・物真似発声のわりには声がでかい。ちゃんと発声すれば相当パワフルな声かもしれない。あと一歩か二歩でケイシーになれたかもね。60%No。

ダメダメ男性落選者を数発挟んだあとに

オーバーザレインボー・・・・いい部分とダメな部分がはっきりしすぎている。いい部分を評価してのハリウッド行きだろう。前途多難。50%Yes。
カストロ弟・・・・パッとしない声。でも下手ではない。唄い始めて20日というのが本当なら素質はあるんだろうけど。なんともいいようがない。64%Yes。

バナナタキシード男のあとは

マイホーム溶接工パパ・・・・訳ありで歌を諦めた経緯を持つだけあって、円熟した巧さ。99%Yes。
オーバーザレインボー2号・・・・問題外。しかもウケないし。200%No。
お祖母ちゃん思いの20歳・・・・大柄な女の子だからそれなりに声量はあるけど、そのサイズから期待する程の声量が無いような。面白さを感じない声。56%Yes。
凸凹姉妹・・・・妹のサポートに専念するいいお姉さんだったね。その妹は結構やれそう。90%Yes。
ちょっとモヒカンな黒人・・・・ソウルフルでいいじゃん。今日の参加者の中では印象に残った。88%Yes。
マーヴィンゲイな音楽教師・・・・白人でこの声のキャラは、シーズン5テイラーとシーズン7デヴィッド・ヘルナンデスの中間を行くみたいな感じか。完成度高い。100%Yes。
アヌープ・ドッグ・・・・シーズン6サンジャヤに続くインド系の新星登場か。期待を込めて100%Yes。
チアガール付きのダサ男・・・・ダサイのに妙に歌が上手いこのギャップがたまらない。かなり気に入った。39%No。
マイケルな音楽教師・・・・20歳で教える立場って早くないか?高い音域だけで唄っていたけど、他の音域はどんな感じなんだろう?目一杯の高域を使っていたのかもしれないけど、やや苦しげな感じが少し気になった。86%Yes。
ナイスワンダー・・・・ミュージシャンの血が流れてる・・・・のか?・・・・200%No。
Very very very very good・・・・ど根性ガエルのヒロシ黒人ヴァージョン登場か。声が好きだ。91%Yes。
ラララララ・・・・ただ裏声を出すだけだったら誰でもできるわけで・・・・200%No。
リル・ラウンズ・・・・生声が凄そう。審査員揃って大絶賛の理由はその辺にあるのかも。ただ今回聴いていて、いまいちマイクに乗らない声のような気がした。今後のマイクを使った審査でどういうパフォーマンスを見せるのかに注目。98%Yes。

ところで、新審査員のカーラて、少しジュリア・ロバーツに似ているような。才色兼備な凄いやつがゴロゴロいるんだなあアメリカって。


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

シーズン8 #1 「Week1 Audition Philadelphia」

皆様お久しぶりです。今年もこの季節がやってまいりました。
まずは私tsサイモンの近況から。昨今の大不況で私のワープア先では明日をも知れぬ生き残り合戦が展開中。一方プライベートでは楽曲制作が昨年暮れから本格活動開始中。そして競馬の方でも競馬暦15年を経てついに何かを掴みつつあるようでオールシーズン奮闘中。そんな中でもやっぱり今年もAIを見るぞ!
ということで今年は昨年にも増してアバウトにノーリサーチでダラダラと番組レビューを書き散らしますが、もしよろしければお付き合いください。

番組MCが復活ですか。巨乳のオネエチャンですか。ジャリどもよりはいいんじゃないですか。しかしこの女性、番組の雰囲気にまったく馴染まないっぽいんですけど。もっとアメリカンポップスな雰囲気の人を連れて来てくれないかなあ。昔の山本沙由理さんみたいな若い女の人、どっかにいないかなあ?

頭がスズメの巣・・・・カラオケレベル。100%No。
タトゥーがキモいエミリー・・・・上手いけどちょっと唄い方が上品すぎるような。あるいは小さくまとまっちゃってるような。審査員絶賛ほどのインパクトは感じなかった。98%Yes。
涙ぐむバンダナ・・・・バンドも組まないでロックって何考えてんだ。カラオケ文化浸透がこういう勘違いを量産する。しかし女々しい奴だ。200%No。
眉毛が太字マジック・・・・上手い。発声がきれい。100%Yes。
顔が挙動不審マイケル・・・・唄も挙動不審。しかも女性歌手の歌ばかり選んで。しかし鼻から下はロビン・ウィリアムス。200%No。

ところで、ブレイクタイムのAmerican Vocalistsというミニコーナーが、なかなかよい。エリック・マーティン、しぶい。
ゴーウィンノーウェーからの挙動不審三連発を間に挟んだあとに再開

X-レイ・・・・こいつは悪くないぜ。この声、結構好きだぜ。審査員全員ノーってどうして?65%Yes。
16歳アリアナ・・・・対照的になんでこの子が全員Yesなのか意味不明。確かにクリアな声。しかしかなり凡庸だと思う。如何にもハリウッドで篩い落とされそう。80%Yes。
おっかない声・・・・この声がちゃんと発声練習したらどんな声になるのか凄く興味ある。ルー・ロウルズとか?しかしこの人は音階の高低を全く付けられない人なので、どうやったって無理か。200%No。
ピンクの麦藁帽子16歳・・・・まったく発声の練習不足。でも若いからこれからどんどん練習すればいいんじゃない。曲作る子なら面白いし、私は落としたくなかった。そんな期待を込めて43%Yes。
スティヴィー・ライト16歳・・・・カーラのコメントに全く同意。声量豊か。そしていい意味で未開発。相当な伸び白を期待できそう。100%Yes。
世界で五番目に危険な職業の男・・・・前シーズンにこういうタイプの人がいたような。Top24突入後消えちゃった大柄な白人ソウルマン、名前なんだったっけ?100%Yes。
日サロ水着カトリーナ・・・・格好はアレだけど、唄は無難に上手い。80%Yes。しかしオーデイョン出場者よりも圧倒的にカーラの唄が上手いところに、改めてプロの凄さを感じた。
チョコの海岸物語・・・・どうにもならん。しかし不合格なら車買ってくれるって、なんなの?あと、小汚いタトゥーを入れた参加者が多くてウンザリ。日本の伝統文化入れ墨をなめんなよ。200%No。
サイミー・・・・そんなに下手じゃない。ちゃんと練習すればいけるかもよ。ハリウッド通過させたのはその辺を見込んでのものだろう。79%Yes.
金髪ドックオヴザベイ・・・・ブルースっぽいカントリー/ロックが嵌りそうな声。こういうキャラは結構好き。しかも美人。100%Yes。
ホラーな17歳・・・・しなやかな歌声。どういう風に発展していくか想像できない面白さを感じさせる素材。あと、やはりポップ・シンガーにとって若さは強力な武器。可能性云々だけではなくて、音楽性も決定づける。100%Yes。
ランディとハモった少年・・・・上手いような下手なような。クレイ・エイケンの物まねっぽいところもあるような。68%Yes。
飛び級スコット・・・・何か特別なものを持っているね。この先のパフォーマンスが楽しみ。100%Yes。

やっぱり毎年恒例面白人間ウオッチングな地区予選。そしてやっぱりダイヤの原石を発掘する楽しさ。AIファーストステージ今年も開始。Yeaaaaaaaah!


読んでくれてどうもありがとうございます!
よろしかったら応援クリックお願いします!
↓   ↓
banner2.gif
posted by tsサイモン at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組レビュー シーズン8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。