2008年09月17日

9月16日 The Troubadours 個人的な衝撃

二年半くらい前、私が常連だったUK母体のネットコミュニティで、彼らを初めて知った。彼らはフォーラム(日本式に言うBBSや掲示板)のレビュー(評論)のカテゴリーに、自分達のマイスペースのリンクを貼って、「曲や演奏について何か意見ください」って書き込んできた。若いのに、ずいぶんノスタルジーを感じさせるメロディーを作るので、かなり印象に残っていた。私はその時、「演奏は少しタルいけど(特にギター)、ジグソーを思い起こさせる70sな音楽性が大好きだ。際立つものを持っている。そのうちブレイクするかも!行けー!燃えろー!気合だー!Yeaaaaaaaaah!」みたいな事を書いた。その後、私は自分のLive365のネットラジオch(今はもう消滅)でも彼らの曲を流した。聴けば聴くほどメロディーに引き込まれた。
とはいうものの、私はそのラジオチャンネルは一年以上前に手放したし、それ以降は彼らのことはすっかり忘れていた。

ところが、このまえの日曜日にMTVを見ていたら、British Anthems vol.6のCM告知が流れて、そのブッキングされたバンドの中に、見覚えのある名前があった。’The Troubadours’・・・・これ、あいつらじゃないか???PCを立ち上げて’Troubadours British Anthems’でググってみた。そしたら・・・・本当にあいつらだった。他の検索結果も追ってみると、こいつらはSummer Sonic 08にも出演していた。い、いつのまに、こんな凄くなっちゃったの?ポール・ウェラーが個人的に自分のツアーのヘッドライナーを頼みに行き、彼をして「英国伝統メロディの至宝だ」と言わしめたそうじゃないか。メジャーデビューも果たしてるし。ロッキング・オンのインタビューも受けちゃってるし。FM各局でヘビロテされてるらしいし。もう、すっかりスターになっちゃってる。

かつては自分と近いポジションにいたと思ってたやつが、瞬く間に雲の上に行っちゃった。で、一方の私はというと、変わりなく底辺をウロウロしているから、正直くやしくてしょうがないのである。
といっても、私はバンドマンを目指してるわけじゃないし、ネットで一時期交流しただけの相手だし、向こうも私のことはとっくに忘れてるだろうし、比較する必要もないのだが(←ここがDavid Choiの時とは違う部分) 今現在の私のいる状況とあまりにも差がありすぎるから、やっぱり悔しいんだよな。
若い頃とは違い、もう私は世界中に名前を知られたいわけではない。とにかく、今よりもずっとずっとマシになりたい。今が最低すぎるから、今よりは絶対にマシになれるはずなのに、それすらできない自分自身が腹立たしい。
強烈に発破を掛けられた日曜日でした。只今テンパってます。

British Anthems vol.6は11月16日に東京の新木馬で行われる。The Troubadoursはそれ以外にも何箇所かをミニ・ツアーする。さて、私は行くのかというと、行かない。ステージを見ているあいだじゅう悔しさと葛藤している自分が眼に見えるようだ。そんな体に毒な事はできません。
ですが皆さん、興味ある方はぜひ行ってみてはどうでしょうか。70s80sの香りプンプンでメロディリアスな音楽性なので、このブログを読んでいる皆様へのヒット指数が結構高いかも。

The Troubadours マイスペース
The Troubadours YouTube

posted by tsサイモン at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ダラダラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

9月11日 サンジャヤも9月生まれかー

今日もAmerican Idol Newsから。
2007年のシーズン6で、インパクトだけなら間違いなく参加者中No.1だったサンジャヤ君の誕生日が9月10日だったのかー。そういえばそうかも。よくいえばナイーヴ悪くいえば神経質な乙女座っていうのに当てはまるかも。ついでにA型だったら私といっしょになってしまい、神経質に輪が掛かって誠にご愁傷様です・・・・なわけだけど、たぶんB型ではないのだろうか。なんとなく。
審査員達にはさんざんな言われ様だったし、実際歌唱力が抜群とは言い難かったけど、声に独特の強烈な魅力があった事は、番組レビューの中で再三私はプッシュしてきたところです。レイフ・ギャレットがトップアイドルだったあの時代ならば(ってどの時代かというと、1970年代末か1980年代初頭かな?たしか)、サンジャヤはきっとヒット連発でポップス史に名前を刻んだことでしょう。いや、やたら下手だったレイフ・ギャレットよりはサンジャヤの方が数十倍は唄がうまいので、ショーン・キャシディのようになっていたでしょう (Da Doo Ron Ron →That's Rock and Roll→Hey Deanieの大ヒット三連発は凄かったなあ・・・・二曲目と三曲目を書いていたエリック・カルメンも最高だった!)
女の子オーディアンスを興奮のあまり泣きじゃくらせてしまう程の煌めくスター性を発揮していたサンジャヤは、トップ7で番組を去った後も、いろいろなメディア出演があったようです。この一年くらいの間にお姉さんのシャマリイと一緒にLAに引っ越したので、サンジャヤ君の芸能活動が本格化するか、今後が注目です。
ところで、半年くらい前にサンジャヤがホストを務めていたTV Guide チャンネルの番組「Where Are They Now」のプロモ動画(←クリック!)がAIサイトに置いてあったのですが、これが結構ビビッと来ました。AI出身者の近況をレポする番組なのですが、最近のヘイリーやアントネラ、ラキーシャなんかがバーッと立て続けに出てくると、なんかすごく嬉しくなってしまいました。

posted by tsサイモン at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ダラダラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

9月9日 生まれた月ってわけで

去る9月某日、運転免許の更新に行って参りました。ゴールド免許なので、5年に一度の更新。前回の更新は2003年でした。ちょうどその頃は、勤めていた会社を辞めて暫くのあいだ失業保険で賄いながら、曲を書きまくっていました。ネット・コミュニティでUSAやUKの人々と曲の共作を始めたのが、会社辞めてからなんですよね。もの凄い不安と底知れぬワクワク感が同居していた時期。会社を辞めた後に素晴らしいものと出会ってしまうっていうのが、人生なんですかね。何もかも全てうまくはいかないんだけど、何もかも全てダメダメっていうわけでもない。ちょっとだけ楽しい。そのちょっとだけの楽しさが大切なんですかね。
で、このところ私は日本語の曲ばかり作っているんですけど、相変わらずそれはやってます。その一方で、再び英語の曲をアメリカ人の作詞で作ってます。今作っている曲は、ナッシュビルへ行って録音したいねー・・・・と共作者のアメリカ人と語っています。メリンダみたいなものすげぇ歌手がゴロゴロしてそうで、やっぱり憧れますね・・・・
しかし、ますは金が無くちゃね・・・・貯めなくちゃね・・・・ビデオなんか余裕で買えるくらいじゃなくちゃね・・・・という声がどこからか聞こえてきそうな秋の夜更けに、American Idol Newsをしばらくぶりに覗いたら、目に留まった記事はエース・ヤングのブロードウェイ・デビュー。巷でよく囁かれる「ブロードウェイ=AI出身者の墓場」説が説得力がないとは決して言えないだけに、少し寂しさを感じてしまうニュースであります。
エースはHalf & HalfやBonesといった人気TVコメディにゲスト出演してることもあるから、これがきっかけで演技開眼???というだったらそれはそれで大変喜ばしい事なのですが、制作費を折半して作った入魂のデビューアルバムの売り上げ低調がエースにブロードウェイを選択させてるとしたら、やっぱり寂しいなあ・・・・
でも、これが人生なんだよなあ・・・・という最初の話に戻って、めでたしめでたし!
posted by tsサイモン at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ダラダラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。